水虫に侵入される女性の足

水虫は若い女性にも意外と多い

自分も水虫にかかるのかと悩んでいる若い女性

水虫といえば中高年の男性が、かかる皮膚病というイメージがあります。ですが、このイメージは以前の話で今は若い女性も水虫で、悩む方が増えているようです。そもそも、水虫はなぜ起こるのでしょう?水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で起こる皮膚感染症の1つです。白癬菌は皮膚に含まれる、ケラチンという成分をエサとします。皮膚に付着すると酵素を出し、少しずつ角質層にまで入り込み、感染してしまうのです。白癬菌が角質層にまで達すると、強い痒みを感じたり、皮膚がジュクジュクとただれたようになる、小さい水疱が出来るなどの症状が現れます。白癬菌はカビの仲間という事もあり、温度と湿度が高い場所だと活発に活動する傾向にあります。最近、若い女性に水虫が増えてるのは、ブーツを履くようになったからだと考えられています。ブーツは冬のファッションに欠かせないアイテムとなりました。また、ファッションによっては冬以外にも、ブーツを履いている女性も少なくありません。ブーツはデザイン上、靴の中の温度が下がり難く、足を冷えから守ってくれます。ですので、冬場はブーツばかり履いているという女性も多いのです。ファッション性はもちろん、温かいなど機能性を備えているブーツですが、この機能性が仇となり白癬菌に感染しやすくなりました。ブーツは蒸れやすく湿度と温度が上がるので、白癬菌が活動しやすい環境となるのです。ブーツにタイツをプラスすると、さらにブーツ無いの湿度は上がり水虫になりやすくなります。女性は「水虫かな?」と感じても、恥ずかしさから皮膚科を受診しない傾向にあります。白癬菌は自然にしていても死滅する事が無いので、放置してしまうとますます症状は悪化してしまうのです。女性も水虫になる方は増えています。異変を感じたら恥ずかしがらず、早めに皮膚科を受診しましょう。

女性のための水虫予防法

水虫になってしまうと見た目が悪くなるだけでなく、強い痒みにも襲われます。そして何より他人に移してしまう事もあり、皮膚感染症という事もあり、気になる方も多いでしょう。水虫は中高年男性に起こりやすいというイメージがありますが、最近は女性の患者数が増加しています。男性でも医療機関を受診するのに、抵抗を感じる方が多い水虫ですので、女性はさらに恥ずかしいという事もあり受診を拒んでしまいがちです。ですが、1度発症してしまうと自然と回復する事はありません。ですので、できるだけ予防する事が大切です。女性の水虫予防法としては、まず皮膚を清潔に保つという事が基本となります。水虫は白癬菌という真菌の1種が、皮膚の角質層に感染すると起こります。白癬菌は皮膚に付着してから、約24時間程度で角質層にまで感染するようです。予防するに帰宅した時や、お風呂に入った時に白癬菌が付着しやすい、足のうらや指の間を丁寧に洗う事がおすすめです。この他にパンプスなど足が蒸れやすい靴を履いている方は、1日おきに違う靴を履くようにしましょう。白癬菌はカビの仲間なので、高温多湿を好みます。パンプスは蒸れやすいので、水虫になりやすい靴と言われているのです。1晩おけば靴の蒸れは改善されると思いがちですが、実は翌日も湿気が残っているケースは少なくありません。仕事上、どうしても蒸れやすい靴を履かなければいけないという場合、1日置きに靴を変えて出来るだけ、足が蒸れないようにケアしましょう。可能であれば仕事用と、通勤用と靴を分ける事がおすすめです。通気性の良い靴と靴下に変えるだけでも、だいぶ白癬菌の感染リスクは下がります。皮膚を清潔に保ち、蒸れさせないという事が水虫予防の基本です。

水虫は再発を防ぐことも大切

水虫の再発を防ぐ方法を説明する女性

水虫は辛い症状を起こす、皮膚病の1つです。強い痒みや皮膚の皮剥け、痛みを伴う水疱が出来るなど、様々な症状が現れます。症状が悪化してしまうと、靴を履く事もままならなくなるくらいに、痛みや痒みが酷くなってしまうので、たかが水虫を甘く考えず早めに治療を受けましょう。水虫はカビの1種、白癬菌に感染する事で起こります。白癬菌は皮膚の角質層にある、ケラチンという成分をエサとしているので、皮膚に付着すると角質層にどんどん入り込んでしまうのです。1度、白癬菌に感染してしまうと、抗真菌薬でなければ完治できません。抗真菌成分を配合した市販薬もあるものの、配合量は医療機関で処方される抗真菌薬より、かなり少なくなっています。その分、効果も薄いのでしっかり水虫を治したいというのであれば、市販薬では無く皮膚科での治療がおすすめです。ただ、治療で治ったと思っても再発してしまうケースは少なくありません。白癬菌は除菌しても、また新たに皮膚に付着すると感染してしまいます。ですので、水虫は完治する事も大切ですが、再発を防ぐ事も大切なのです。再発を防ぐには、皮膚を清潔に保つ事が必要不可欠です。特に白癬菌が付着しやすい足の裏や指の間は、丁寧に洗いましょう。白癬菌は皮膚に付着してから、約24時間で感染すると言われています。1日1回石鹸を使い、丁寧に皮膚を洗う事が予防に繋がります。また、靴を履く時間が長いという方は、通気性の良い靴や靴下に変える事がおすすめです。白癬菌はカビの仲間という事もあり、高温多湿を好むのが特徴です。靴を長い間履き続けると蒸れによって、白癬菌の活動が活発となり水虫の再発リスクが高まるのです。通気性の良い靴や靴下にする事で、再発を予防できるでしょう。

◎水虫に対する第一選択薬として皮膚科医も使われている医薬品で治療しましょう
ラミシール
◎水虫と同じく脂漏性皮膚炎でお悩みの方にはニゾラールシャンプーがおすすめ!
ニゾラール
◎カビ菌(真菌)の増殖を抑えて、高い殺菌効果のある水虫治療薬
フロリードDクリーム
◎水虫の薬についての情報は下記サイトからご覧ください
水虫の市販薬は効くの?