水虫に侵入される女性の足

水虫はアルコール消毒では治らない?予防に綿の靴下

足の裏や指の間に強い痒みが出る、また皮膚が剥けるといった症状がある場合、水虫を疑ってみましょう。
水虫はカビの仲間、白癬菌が皮膚の角質層に感染する事で起こります。
カビの1種という事もあり、水虫のような症状を感じる方の中には、アルコールなどで消毒するケースもあるようです。
実際、消毒で白癬菌を死滅させる事は出来るのでしょうか?
1度、角質層にまで入り込んでしまった白癬菌は、いくら消毒しても除菌する事が出来ません。
ですので、水虫のような症状を感じたら民間療法では無く、皮膚科での治療を受けましょう。
治療では、白癬菌をはじめとする真菌に作用する、抗真菌薬を処方するケースが一般的です。
ただ、予防の為にアルコール消毒を行う事は、無駄ではありません。
白癬菌は温度と湿度が高い場所を、好む傾向にあります。
足が蒸れやすいという場合、白癬菌が感染しやすい状態にあるので注意が必要です。
このような体質の方が日頃から、アルコール配合の消毒液でケアすると、予防の効果が期待できます。
ただ、アルコールは肌への刺激が大きい為、肌につけると赤みやヒリヒリ感を感じる恐れがあります。
肌への負担が心配という時は、消毒では無く綿の靴下を履くといった予防法がおすすめです。
綿の靴下は通気性が高く、蒸れを軽減してくれます。
ナイロン製など化学繊維で作られた靴下は、どうしても蒸れやすく白癬菌に感染しやすくなるのです。
特に仕事などで長時間、皮靴など蒸れやすい靴を履く機会が多いという方は、綿の靴下を履きましょう。
足の指と指の間が狭いと、より蒸れやすくなり水虫になりやすいようです。
このような方は皮膚がくっつかない、綿の5本指靴下がおすすめです。