水虫に侵入される女性の足

爪水虫にはラミシール錠がおすすめ

中高年男性の病気と思われがちですが、実は若い女性の中にも多くの患者を持つ水虫は、白癬菌という菌を原因とする病気です。
白癬菌は真菌・カビの一種です。そのため湿気と温度のある革靴やブーツ・パンプスの中に繁殖しやすいのです。
一度水虫になると放っておいても治らないどころか菌が増える一方です。
早めに皮膚科を受診してください。

治療薬として処方されるのがラミシールです。
有効成分のテルビナフィン塩酸塩が細胞膜を破壊するため白癬菌を殺菌することができるのです。
通常であればラミシールクリームを渡されるでしょう。毎日塗って治療しましょう。
表面上はきれいになってもまだ菌は残っている可能性もあるため医師が完治したと診断を下すまではクリームを塗り続けましょう。
水虫の治療期間というのはとても長いのです。

やっかいなのが爪水虫、爪白癬です。爪白癬は爪の中に白癬菌が繁殖するのです。
通常のラミシールクリームであれば爪の中までは届くことができないのです。
そのため同じラミシールでも錠剤タイプのものが処方されるはずです。身体の中からアプローチするのです。

爪白癬は普通の水虫と違ってかゆみはありません。痛みも感じません。爪には神経がないからです。
その代わり初期段階では爪の先が白濁するだけです。この白濁部分には白癬菌がいっぱいです。
そのため家族にも感染を広げる危険性があるのです。
最初は親指だけだったのが他の爪にも感染し、爪の形が変形していき、その部分が靴をはくことで押されると痛みも生じるようになってくるのです。
靴もはけず足も踏ん張れず、歩行が困難になっていきます。そうなる前にたとえかゆくも痛くもなくてもきちんと治療をしましょう。

皮膚の表面に発症した通常の水虫と違い爪の中に入り込んでいることから治療期間は更に長くなります。
ですが完治するまで辛抱強く錠剤を飲みつづけるようにしてください。

ラミシール錠は、肝機能障害など副作用があるため、妊婦や妊娠の可能性がある方は使用できません。
高齢の方も禁止されています。そのためドラッグストアや薬局で手に入れることはできないのです。
呑み合わせによって相互作用を引き起こしかねない薬もあるため、必ず医師の処方の元で手に入れて、用法用量を守って服用するようにしてください。
きちんと服用を続ければ治りにくいとされる爪水虫も完治します。きれいな足を取り戻すことができるので、サンダルやミュールなど夏のオシャレも楽しめるようになるのです。