水虫に侵入される女性の足

赤ちゃんも水虫に!症状を感じたらエクシブでケア

水虫といえば中高年の男性に多い、皮膚病というイメージがあります。
しかし、実はおじさん世代だけでなく、赤ちゃんにも発症してしまうケースがあるのです。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で発症します。
皮膚であれば白癬菌はどこでも感染できるので、大人だけで赤ちゃんにも水虫は発症してしまうのです。
大事な赤ちゃんを皮膚病から守る為には、水虫のような症状を感じたら早めに対処する事が大切です。
症状としては皮膚の痒みや、皮めくれ、小さな水泡が出来きます。
忙しく皮膚科を受診する暇が無いという場合、市販薬でケアするのも良いでしょう。
様々な医薬品メーカーから、市販薬が販売されていますが、その中でも「エクシブ」は症状や、発症している部位によって使い分けられるようになっており、使いやすい点が魅力です。
エクシブにはクリームタイプと、スプレータイプ、液タイプジェルタイプの4つのテクスチャーが違う、タイプが揃っています。
クリームタイプは広範囲に塗りやすいのが特徴です。
より、サッパリ使いたいという場合は、ジェルタイプや液タイプが向いているでしょう。
スプレータイプは手を汚さずに、ケアできる点が魅力です。
それぞれ、テクスチャーに違いはあるものの、白癬菌を除菌できる抗真菌成分が、エクシブの商品には全て含まれています。
使い心地などを試してみて、自分に合ったタイプでケアする事がおすすめです。
エクシブは多くのドラッグストアで取扱いがありますし、インターネット通販で購入もできます。
手に入りやすいという事もあり、手軽に水虫ケアを始められるでしょう。
ただ、市販薬でケアしても症状が改善されないという場合は、やはり皮膚科での治療がおすすめです。